シンポジウム・セミナーのご案内

令和3年「サーツ寺子屋」 オンライン講座

 本年も皆様のご期待にこたえる企画を予定しています。講座については詳細が決まり次第、ホームページに随時掲載します。
 皆様のご参加を歓迎します。

第1回オンライン講座
 4月17日(土)
 13:30~ 15:00

  受講申込みサイト

テーマ:  「地震災害に対するマンション生活継続計画」
         -避難所に行かない選択のために-

 日時:令和3年4月17日(土)13:30~15:00   
 会場:Zoomによるオンライン配信
 講師:谷垣 正治 サーツ会員(元三井住友建設(株)技術研究所長)
 受講料:1,000円 
 募集人員:100名

【趣旨】

 コロナ感染対策として災害時の避難所のあり方が見直される一方で、避難所に行かない選択、すなわち「在宅避難」が勧められています。マンションに住んでいる方々にとっては、大地震が起こっても在宅避難によりマンション内で生活を継続できることが望まれます。
 そのためにはまず、建物には大きな被害を受けない耐震性が求められ、その上で電気・水道・エレベータ等の復旧まで生活を続けるための事前準備が必要です。
 本講座では、まず「マンションの耐震性」について地震被害例等を用いて説明し、次いで「マンション生活継続計画」について、事前チェックと対策→防災マニュアル等の整備→訓練の実施のサイクルを具体例により説明します。また、事前配布するサーツ方式の「マンション防災力簡易診断チェックシート」を紹介し、ご自身のマンションの現状を把握していただき、どう改善すべきかを考える機会を提供いたします。