相談・コンサルティング業務-省エネ

省エネ技術(外断熱・サッシ改修など)と補助金活用に関するコンサルティング


 地球温暖化対策の一環として、建築物のエネルギー消費性能向上に関する法制度が新設され、またこの対策を促進すべく、国や地方自治体において既存建物の省エネ改修工事に対する補助金制度も設けられています。
 省エネは環境の改善建物の長寿命化と同時に、居住空間の快適さ居住者の健康リスク低減にも寄与する重要なテーマと考えています。また、省エネは建築分野でSDGsの目標を達成するための重要な手段として位置づけられます。
 当協会では、こうした事業を促進支援すべく、豊富な経験とノウハウを活かし、次のようなコンサルティング業務を行います。
 ただし、NPO法人としての中立的な立場を堅持し、業者選定には関わりません

対象マンションなど集合住宅の居住者やオーナー、
   戸建住宅居住者、その他事務所ビル、老健施設、
   病院、保育所の保有者や設計事務所
など

業務内容
 ① 効果的な省エネ対策の立案
   外断熱やサッシ改修など、省エネに関わる諸技術
   を総合的に判断し、最適な対策案を提示します。
 ②補助金の活用支援
  ・公募中の補助金制度の内、最適なものの選定
  ・補助金申請計画、書類作成に関わる支援 、
   申請代行
 ③ 管理組合における合意形成支援

省エネ、断熱工事、補助金に関するQ&A
 ご興味がある質問を選択してください。回答が表示されます。
Q1)省エネ改修とは、どのような工事ですか?またその効果は?
Q2)省エネ改修で、居住者の健康リスクの低減とは、具体的にどのような効果がありますか?
Q3)外断熱とはどんな工事ですか?
Q4)補助金はどのような建物が対象ですか?
Q5)補助金はどこから出て、だれがもらえるのですか?
Q6)補助金の申請者はだれが行うのですか?
Q7)補助金はどのくらいの額が期待できるのですか?
Q8)補助金が出るか出ないか、いつごろわかりますか?
Q9)補助金を申請して、途中で止めることは可能ですか?
Q10)補助金の代行申請に関わる具体的な支援内容は?
Q11)協会への相談時にはどんな書類が必要ですか?

担当:NPO法人建築技術支援協会  理事 丸山和郎
                 正会員 正岡智子

    →詳細資料はこちらから(PDF) 

    →ご相談はこちらから